飲食店にある看板について

やはり、お店にとって大事なことはまず、お客様にきてもらうことだと思います。そのために大事なことはまず、入りやすいお店であること。私がお客であったなら、暗い雰囲気のお店や、怪しい感じ、汚い外見のお店は行きたくないのが人間の心理だと思います。お客様にきてもらうために必要なものそれは、一目みて、あ!この店だとわかるような看板が必要だと思います。飲食店にある看板は結構目立つものが多いような気がします。地域の定食とかよりも、ファーストフード店や、家族でくるファミリーレストランなどのお店は一目みて、これはあの店だ!とわかるようなものが多いですね。飲食店ならば看板の色には、食欲が沸いてくるような色を使用してほしいものだと思います。青色などを使ってもあまり食欲はわかないと思います。使うならやはりオレンジや赤などの明るい色を作るべきだと思います。

飲食店にある看板について

飲食店の看板は一瞬が勝負。

飲食店の看板は、そのお店を通り過ぎる10メートルほど前から目につくことが大切だということです。ということは、どんなにインパクトのあるものを作っても、お店の近くにないとうまく機能しない可能性があるということです。さらに、それには、お店の名前やキャッチコピーだけを書いてもいけないということです。そのものを見て、この店の一番のおすすめ・売れ筋の商品がお客さんにわかることが大事だということです。だから、おすすめの商品の写真やメニュー名、金額などをでかでかとのせておくことが良いようです。もうひとつ大事なのは、看板の色合いだそうです。飲食店をイメージさせるカラーを用いること、なければ、赤などの食欲を掻き立てる色を使うことで売り上げアップになるということです。飲食店で看板を出す際には以上のことに気をつけましょう。

様々な飲食店の看板のあり方

飲食店の看板は、客寄せのために目立つ色合いにしてあったり、店の名前をとても大きく書いてあったりと、様々な工夫がされています。看板を見ただけで、よだれが出てしまうような食欲をそそるもの、店名以外にワンフレーズ入れることで、客の興味を引くものなど様々です。中でも今私がとても気になっている飲食店が、自宅から徒歩5分ほどの私の散歩コース内にあります。その飲食店には、営業中の立て札と、カラフルなビンを並べ、塀代わりにしている門があり、かわいらしい猫の置物と、ベルがお客を出迎えてくれます。しかし、その店のどこを探しても店の名前が書かれた看板が見つかりません。私は、その店ができた時には、普通のおしゃれな民家だと思い、素通りしていました。しかし、営業中の立て札と、店の外から見えるカウンター席から、明らかに飲食店であるということがわかりました。客の目を引かないその店に私は今、心引かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*