飲食店の看板作りを考える

お店へお客を誘導する看板、これって作る時かなり苦労すると思います。それは多くの人に対し、良い印象を与えることが必要であると共に、一瞬でも良いのですから「目に留まる」「印象に残る」ものを作る必要があるのです。それは見た瞬間に何のお店であるのかを判ってもらえる看板の作り方もあり、逆にここは何の店?と思わせ、引き止める方法の作り方もあるようです。いずれにしても、あれば良いと言う発想では成り立たないと言うことで、そこには「入りたい」と言う気持ちへ誘導する内容が必要になっているのです。特に競争が激しいとされている飲食店の看板には、相当な拘りを持って作られる方も多いのです。ですがそこには、見易い、気になる、印象に残るといったお客さんを誘導するものが大切になって来るのでしょう。また飲食店などは、昼・夜では明るさも違いますので、色、文字対、灯りなどの工夫も大事になって来ると思われます。

飲食店の看板作りを考える

看板はカフェや飲食店の顔

30代の主婦です。カフェ巡りが趣味で、都内の飲食店やカフェをよく利用しています。事前に口コミやインターネットなどで情報を得てから出向くこともありますが、自分の足と目で隠れた名店を見つけるのが好きです。新しいお店を開拓するときのポイントとなるのはやっぱり看板ですよね。メニューやらサービスやら店内の雰囲気が前もってわからないので、お店の顔となる看板がまず頼りになります。最近はデザインや造りもすごく凝っていて、それらを見て回るだけでも結構おなかいっぱいな感じで満足してしまいます。店内をデザインは専門の会社に委託したりしているのでしょうか、わざと手書き調なのもチラホラ見受けられてオシャレです。私は個人的にカフェや飲食店の看板が手書き調だと思わず目が行ってしまう方です。そういったお店は内装や雰囲気も自分好みな場合が多いです。

飲食店の看板に見られる特徴

街を歩いていて、目に入ってくるのはやはり看板でしょう。見あげなければならないほど大きなものから、一般家屋と変わらない建物の玄関に、ちょっと取り付けてある、習い事のお師匠さんの看板までさまざまです。その中でも数多い飲食店ですが、かなり特徴あるのが、和食の店ではないでしょうか。例えば中華料理や西洋料理などは、活字で書いてあるものが多いような気がします。しかし居酒屋や小料理屋に到るまで、和食の店となると、圧倒的に手書き風の字で書かれた看板が多く見られるのです。時代劇を見ても、小料理屋の店頭に飾られた提灯には、店主の名前が書かれていたりします。これらは伝統もあるでしょうが、手書きの暖かさを表現することにより、料理もおいしいことをアピールしているのではないかと思うのです。私たち日本人は、柔らかい草書の平仮名を見るとホッとします。仕事で疲れた後に入る和食の飲食店に対して、私たちはすべてに手作りの味を求めているのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*